日本一周バイクの旅 12日目 -めぐりあい高知-

2019年5月20日

徳島県勝浦町の前川キャンプ場 寒くて目が覚める午前3時。

朝食を済ませてショーさんにあいさつに行く、半そでシャツでも問題なく眠れたらしい。

彼の寝袋は僕のよりも1つグレードが高いもの。寝袋はケチっちゃダメね😥

 

地図を見てたら近所に[恐竜神社]を見つけた。行くよね😍

なんや恐竜神社って!こんな面白い響き、行かざるを得ない。

 

今日は徳島県の南部で一泊しようと思ってたけど、そのへんに無料・格安キャンプ場が見つからなかったから高知県の室戸岬まで走ってその辺で寝ることにする👻

 

キャンプ場を出る前にショーさんと記念撮影。お互い無事に帰ろうと約束して別れた。

たのしい時間をありがとう🖐

 

恐竜神社

前川キャンプ場から山道を片道25分。

神社は小さな社に恐竜大権現様が祭られてる。周囲にはコンクリート製の恐竜像が複数。

ここで平成6年4月10日に恐竜イグアノドンの歯の化石が発見されたんやって。

発見者は高知大学地質学教室の学生さん。

 

宍喰浦の化石漣痕

ここからは高知県。

室戸岬までの道中にある、なんか自然のアレ。

なんかよくわからんけど、地層とかが隆起して積層してて凄いらしい。

「これはカセキレンコンで、第三紀始新世から漸新世に生成された舌状漣痕で、露頭面積も広く、彫刻も深く、かつ数種の異型のものが別々の層をなしている。細瓦層の砂岩下面には、当時の生物の生態痕などの底痕が残されている。流れ漣痕としてその規模、保存状況などわが国でも代表的なものであり、学術上の価値は高いものである。」

 

室戸世界ジオパークセンター

室戸岬の手前にある資料館。

無料で入れるから見学した😀

なにも知らずに室戸岬に行くよりも、知識があったほうが楽しいよね✍

四国の地形の成り立ちや、室戸岬周辺の人々の暮らし、産業、生物などいろんな情報が展示されてる。

一通り見て回って外に出ると、おっちゃんに声をかけられた「おおお!兄ちゃん!銭形砂絵(香川県)で会ったよな?!お礼を言いたかったんや!」って。

遭った逢った!「写真撮ってくれん?」って頼まれたわ😆

おっちゃんは愛媛県今治市からチャリで四国一周の旅の途中。

「チャリと同じ速度って、どんだけ走ってないねん!?」だって😅

気のいいおっちゃんで長々と喋ってた。

銭形砂絵で別れたあとに、チャリで日本一周してる女の子と遭ったらしい!

お互い無事に帰ろうと約束して記念撮影して別れた。

おっちゃんは今からジオパーク見学。

 

室戸岬

すごいね!!

自然が!波が!山が!断層が!水平線が!

この写真と引き換えに僕は全身水浸しになりました。。

 

初めて水平線見たわ!

地球って丸いんやね🙂

地球はデカいわ!

 

室戸岬の駐車場で出発の準備をしていると、じいちゃんばあちゃんに声かけられた。

香川県から観光に来たんだそう。

意外なことにスマホを使いこなし、日本一周看板に張り付けてるQRコードを見つけてブログにアクセスしてくれた😊QRコード用意しててよかった。

「半月前に四国の真ん中でバイクで世界一周してる外国人にあったで。」だって!

スゲーやつがおるもんやな😳

ほかにも「気を付けてね!」とか「頑張って!」とか声をかけてもらった。

たった一瞬の一言やけど、その気持ちが燃料になるよね🏃

やる気が出たから、今日は後2時間走って種崎千松公園キャンプ場まで行こう!

国道55号線を走る。すれ違うバイクはヤエーを返してくれる。たのしい🖖

 

種崎千松公園キャンプ場

午後5時過ぎ、よーーーやく着いたキャンプ場。

痛車仲間

駐車場には2台のバイクが止まってる、グロムとRG250Γ。

こんなん僕にとってはエサよね😍

もちろん声をかけるさ。

二人は地元住民で痛車仲間だそう。

高知県のイロイロを教えてもらった😋

「四万十川もきれいだけど、仁淀川のほうがキレイですよ」

「この辺は治安がいい、一番ゆっくりできる場所」

グロムさんはしまなみ海道を走りたくてバイクの免許取ったらしい。

 

日本一周仲間

このあとCBR250赤さんが来た。

CBR250さんは東京から日本一周中(2週間目)らしい!

日本一周ネタで話が弾むこと😆

やっぱり苦しくて辛いよね!

ついつい2時間以上話し込んでしまった、気づくとあたりは真っ暗。

 

日本一周 12日目 高知県 おわり。