モトブロガー必見!スピードメーター隠しの究極奥義を伝授するぞい!後編

前編ではスピードメーターのみが隠れる仕組みを解説したけど、

ここでは実際の作業手順を紹介するよ。

モトブロガー必見!スピードメーター隠しの究極奥義を伝授するぞい!前編

必要なモノ

  • 偏光フィルター2枚
  • ハサミ
  • 両面テープ

偏光フィルターは↓コレね。

 

フィルター↓

 

 

作業手順

前編で紹介した通り、二枚のフィルターは直角に重ねないと効果が無いから、

方向を間違えないように表面に傷を入れておくとイイよ🤗

 

メーターとアクションカメラのレンズを覆えるようにカットする。

メーター側は横、カメラ側は縦の向きにカットしてるよ🔪

メーター側は走行距離が見える形に切り抜いてるのさ✌

 

カットが済んだら、フィルター両面に張られてる保護シールをはがす。

この保護シールがあるから、方向確認のためのキズを入れてても大丈夫👍

 

カメラ側にフィルターを貼り付けるときは特に用心する。

 

カメラに映り込む範囲に両面テープを貼ってしまうと、映像がもう何かアレになる😨

実際にモニターしながらやった方が間違いないね。

 

カメラ側にフィルターを貼り付けて、メーターをのぞき込むと‥

 

バッチリ隠れるね!

スピードメーター側はザっと貼り付けるだけでイイ。

これで、メーター隠しはおわりやけど、気になることがあるよね?

「カメラにフィルターつけてもちゃんと撮れるの?」

じゃあ確認してみよー☝

 

フィルター有無の比較

僕はGoproHERO7Blackを使ってる。

それに今回紹介したフィルターを重ねたらどう映るかを、フィルターの有無で比較してみたよ。

写真だけやけどね😅

明るさの比較

まずコレ、半分だけフィルターかぶせた状態。

どっちがフィルター有りなのかは、見ればわかるね。

 

これはフィルター無し。

 

これはフィルターあり。無しと比べても暗くはないね、ちゃんとカメラ側で明るさ補正してくれてる。

 

色味の比較

今度は色味を見てみるよ。赤黄青はどうみえるか?

まずはフィルター無し。

これはフィルターあり。

んーー、タンクの青が少しくすんでみえるかな?

というより、光の反射が低減されて鈍く見えてるみたい。

これくらいなら気にならんかな?

 

さいごに

あとは動画を撮影した時にどう映るかやけど‥

それはみんなの目で確かめてみて!

僕はもうじき日本一周の旅に出る予定だから、フィルター有り動画比較の結果をまとめてる時間がないんだ😥

比較してみたら、ぜひ結果を教えてよ!

この記事のコメント欄に書いててくれれば、メーター隠したいモトブロガー仲間たちと情報共有できるから!

みんなで業界を盛り上げようぜ!

おわり。