軽自動車を査定・売却したから、申し込みから売却までの流れをまとめたよ!

2019年4月25日

今回は売却のみです、下取りではありません。

結果を先に書いておくと、

自動車の売却額査定の依頼をした5時間後には売却契約まで済みました。

4年2カ月前に新車150万円で購入したタントカスタム(赤)走行距離27300km無事故車が91万円で売れました。

 

査定申し込み

僕はインターネットでの一括査定申し込みをしました。

一括査定申し込みサイトはいくつかあるけど、僕はカーセンサーのサービスを利用しました。

カーセンサーだと6社査定に来てもらえるように表示されていたから(他のサービスは5社)

申し込みフォームに売却予定車の情報と売却者の情報を入力します。

そして、[一括査定を依頼する]ボタンを押したのが午前10時ころ。

各一括査定申し込みサービス「申し込み後2・3日以内に電話・メールで連絡します」と書かれていますが、そんなに悠長な話ではありませんでした。あっという間に電話がかかってきます。

 

査定受付の電話

ビッグモーター

査定の申し込み手続きが済むと、一瞬でビッグモーターから電話がかかってきます。

これは決まりです、絶対ビッグモーターが一番にかかってきます。

申し込みボタン押した瞬間です。覚悟しておいてください。

ビッグモーターはシステム的にそうなっているそうです。

 

ビッグモーターからの電話の内容は

「人気の車種だからぜひ査定させてほしい、店舗に持ち込んでの査定か、お宅まで伺っての査定が出来ますがどちらが良いですか?いつが御都合よろしいですか?いつ頃 売却の予定でしょうか?」

といった内容で、僕は「査定に来てください、今日明日にでも売ろうと思っています。」と答えました。

そして、当日午後1時に査定に来てもらうことになった。

この通話中もひっきりなしに着信が入ります。通話中に「ププププ」という音が鳴りっぱなしです。

 

九州ユーポス

電話を切ると、次の瞬間に九州ユーポスから電話がかかってきました。

電話の内容はさっきのビッグモーターと似たようなものでした。

一つ違ったのが「今日明日の売却予定であれば査定額 頑張れますのでよろしくお願いします。」という一言があったこと。

九州ユーポスは正午(昼12時)に査定に来てくれることになった。

電話を切って、着信を確認して見ると10件の着信履歴が残ってる。

査定申し込みボタン押してから、ここまで3分。物凄い勢いで電話がかかってきてる。

 

ネクステージ

このあと3分間くらいは電話が鳴らなくて、次にかかってきたのがネクステージ。

ネクステージの電話の内容は先の二社と似たようなもので、正午に査定に来てもらうことになりました。

 

その他

査定が済んだあと午後4時ころにアラジンから電話がかかってきたけど、すでに売却契約を済ませた旨を伝えました。

翌日の午前10時ころにはヴァージョンから電話がかかってきました。

 

査定の様子

まず、ネクステージが来ました。名刺をもらい、アンケートを記入します。

アンケート内容は、住所・氏名・生年月日・希望売却額・

車の走行距離・事故歴・修理暦・改造の有無・水没の有無などです。

 

僕は自動車の売却が初めてなので、巧みなトークでネクステージの担当さんから情報を聞き出しました。

査定は何を見ているのか?

  • 車のグレード
  • 走行距離
  • 傷へこみ
  • 修理暦
  • エンジンの状態

などを見ているそうです。

ネクステージの担当さんもバイク趣味だったそうで、話が弾みました。

そうこうしていると、九州ユーポスとビッグモーターが来ました。

三社同時査定という形です。

この三社の対応の違いについては別の記事にまとめていますので参考にしてください。

 

 

売却先の決定

三社とも、先に査定額を出したくないのでなかなか決着がつきません。

先に査定額を提示してしまうと、他社はその価格に上乗せして持っていくのでけん制し合ってる状態です。

こちらとしては、どこに売ろうが関係ない、高く売れるところに売る。なので、さっさと査定額を出させて、その額に上乗せさせたい。

買い取り業者共は査定額を出したくない。

僕は査定額を知りたい。

らちが明かないのでビッグモーターこういうことを提案しました「名刺の裏に買い取り額をかいてセーノで同時に提示しましょう。」

これは良くある手らしい。

 

僕はこの後にオートバックスとガリバーのお店に持って行って査定してもらうつもりだったんだけど「即決は査定額アップに非常に効果的な手段」、「ここには大手三社が来てる、他に持って行ってもココより高い額は出ないでしょう」らしいので、この三社で競争してもらうことにしました。

「じゃあ三社同時にセーノ方式でお願いします」と伝えると、ビッグモーターとネクステージは本社と価格交渉を始めました、セーノシステムは査定額アップのために有効な手段のようです。

各社の査定額

セーノの結果はこのようになりました。

  • ネクステージは価格を出さずに棄権
  • ビッグモーターは89万2800円
  • 九州ユーポスは91万円

ということで、九州ユーポスに売却することになりました。

 

売却契約書

書類の作成には印鑑と、売却金額振込のための口座情報が必要になります。

住所・氏名・生年月日・振込口座情報を記入して認め印を数カ所おすだけです。

契約書の記入が終わると、こまごまとした説明や確認がありますが3分もかからず終わりました。

そのあと、売却車両の引き取り日時を打合せすると一連の手続きは終了です。

この時点で午後3時ころです。

ネット上で一括査定依頼したのが午前10時だったので、5時間で売却契約まで済みました。

 

さいごに

自動車の売却を経験して色々と勉強になったので、いくつかアドバイスさせてください。

 

ネットの一括査定を依頼するとものすごい速さで話が進んでいくので、圧倒されないように落ち着いてください。

 

売却前には車のガソリンを抜いておきましょう!ガソリンを入れたまま売り払うのは損です!

 

自動車査定の申し込みは売りたい日の当日にする!即決だと査定額アップの効果が大きいようです!

 

査定申し込むときは、同一時刻に複数社に出張査定に来てもらう!他社と競争させた方が高く売れます!

それに、一社が僕たちを出し抜こうとしていれば、他社はそれを止めてくれるかもしれません(止めてくれました)。

僕たちは素人でも、査定員はプロです。査定員同士は敵ですから、抜け駆けさせたくないでしょう。

一社の言い分だけ聞かない!僕はネクステージに一対一で長々と営業トークを掛けられて危うく大損(40万円程度)こくところでしたが、九州ユーポスの原田さんに助け舟をだしてもらって大損を回避できました。ありがとうございます。マジ感謝っす。

 

希望売却額は伝えない!アンケートにも書かないこと!査定員はこの額を基準に営業をかけてきます。

売却額は可能な限り高額で!とはっきり伝えましょう!

 

どうか、みなさんも満足のいく売却ができますようにm(__)m

おわり。