撮影ブース[Amazonベーシック ポータブルフォトスタジオ]のレビュー

先日ミラーレス一眼カメラを買ったので、調子に乗って撮影ブース(amazonポータブルフォトスタジオ)を買いました(๑’ڡ’๑)

この記事には、商品紹介と実際に使ってみた感想を書いています。

届いた\(^o^)/デカい!80cm四方。

 

中国製。ASIN B01GN6X5G

AmazonBasic商品はAmazon.co.jpを通じてアマゾンジャパン合同会社(東京都目黒区下目黒1-8-1)が販売します。

 

開梱。でかい(*´﹃`*)

 

左右1か所づつマジックテープで固定してあるので、これをはがします。

 

マジックテープをはがしたら、開きます。

 

開いた。

 

手前に引き倒す。

 

のれんをめくると白い空間。のれんの裏側は白。

 

ボックスの奥には、白いバックスクリーンがマジックテープで固定してあります。

 

マジックテープをはがして、バックスクリーンを前に引き出しました。

 

ボックスを真上から見たところ。

チャックでかこまれた部分に電源コードが収納されています。

 

取扱説明書と電源コード、コードの右に見える●は穴です、真上から撮影するときは、この穴からカメラを向けます。

 

穴から撮影した様子。わざと〇フレームになるように撮ってます。

穴にカメラを突っ込んで取れば普通に撮影できます。

 

電源の口。ここからアダプターを介してコンセント口へ。途中にON/OFFスイッチは入ってません。電源のON/OFFはコンセントの抜き差しです。

Amazonのレビューには[外国用のコンセントプラグで使えない]っていう書き込みがあったけど、ちゃんと日本用のコンセントが入ってましたよヽ( ´ー`)ノ

電源コードの長さは3mです。

 

ライトは二個所についてます。この画像は明るさ修正してません。…暗くない(; ・`д・´)?

 

バックスクリーンは分厚くて、光沢が無くてシットリした手触り。

 

ボックス内の寸法

開口幅74cm。

 

開口高さ58cm。

 

奥行63cm。

 

各部の作り

ボックスの壁。壁は折りたためるように二分割されてて、芯材はプラスチック段ボールです。

 

ボックスの屋根はプラスチック1枚で成形されています。

床板は、壁と似た作りで芯材はプラダン内は白で外は黒、分割無しの1枚板。

 

奥の壁と屋根。

 

撮影例

SONY a6300

カメラはミラーレス一眼、SONYのa6300をオート設定で使ってます。色や明るさの修正はしてません。

テンデンス  クロノグラフ。白黒シルバーで無色彩の写りはこんな感じ。

暗い!

 

ミニ四駆 サンダーショットjrクリヤーボディセット。有色彩の画。

とにかく暗い!漆黒の闇!

明るさを補正しないと使い物にならないよ_:(´ཀ`」 ∠):

 

iPhone5s

アイポン標準のキャメラで設定いじらずに、ARシャーシにブラックストーカーホワイトスペシャルのボディをを取り付けて、前後には19mm プラリング付きアルミベアリングローラー (5本スポーク) (レッド)と大径バレルタイヤ、レブチューンモーターと超速ギヤをセッティングしたミニ四駆を撮りました。

カメラとボディ以外は同じ条件なのに、この明るさ!驚きの白さ(@o@)!

と言っても、[上と比べると]やけどね(;’∀’)

 

感想

使い方は簡単で40秒で支度できる٩(ˊᗜˋ*)و

 

Amazonの商品ページには[薄く丈夫で持ち運べる]って書いてあるけど、[軽い]とは書いてないんよね、重いよ5.5kgあるよ_:(´ཀ`」 ∠):

5.5kgって500mlのペットボトル11本分よ?

 

スマホ撮影用「なら」コレ使えるよ\(^o^)/

スマートフォンのカメラは勝手に補正してくれるから便利よね(*´з`)

デジタルカメラでも使えるけど、設定の変更とか補正は必要です。

 

プラモデルとかアクセサリーとか作ってる皆様、イイ撮影ブース欲しいですよね(*’▽’)?

大きめの作品を作ってる人、いかがですか?