バイク(ホンダFTR223/CB223)のスパークプラグ交換方法を紹介するよ!

2019年4月16日

このページに来とるっちゅーことは、スパークプラグ交換したいとやろ?

簡単やけんやってみて!

車載工具だけで作業できるけん楽勝よ٩(ˊᗜˋ*)و

FTR223とCB223は同じエンジンやけん、同じプラグでヨカよ。

 

今回はノーマルプラグじゃないものに交換する。

評判が良いイリジウムプラグ↓を使ってみたかったんよねぇ(*‘∀‘)

 

ノーマルプラグはコレ↓ね。

 

まず、プラグキャップ(赤いの)を引きぬく。

すこし力をいれて上に引っぱると外れる。

 

プラグキャップ外れた状態。

 

次は、車載工具を用意する。これはツールボックス(FTRのシートの下の左側についてる箱)に入ってる。

 

この2つを合体させる。両端が六角形の筒の横穴に、プラスドライバーをつっこむ。

 

筒の大きい六角形の方を、プラグの六角形にかぶせる。

 

左から右に回すとプラグのネジがゆるむ。

 

きつく締まっとるとは最初の少しだけやけん、少しゆるめたら後は手で回した方が早かよ(๑’ڡ’๑)

 

取り外したプラグと新品プラグの比較。

あー、くすぷっとるねぇ(-“-)

これジェットとかで空気と燃料の調整せやんとやか?

その辺は勉強しとらんもんねぇ‥:;(∩´﹏`∩);:

でも、フルノーマル状態でコレやけん、これで正常よね?ね!?

 

新品プラグを穴に入れる。手の力で回るところまで回し込む。

 

そこからは、プラグを外した時の工具を使って締め込むんやけど…

締め込み量が決まっとるけん要注意ね!!

下の画像は新品プラグの箱ね、この側面に[締付け回転角]が指定されとる。

FTR223はM12やけん1/2ね。これはネジを2分の1回転(半回転)だけ締めろ。って意味。

 

工具をかぶせて、ドライバーは右側にある。 ここから半回転180度まわす。

 

右側にあったドライバーが左にくれば1/2回転よね(∩´∀`)∩

あとは、赤いプラグキャップを差し込んで作業終了\(^o^)/

プラグキャップはしっかりと差し込んどってね!引きぬくときは力を込めたやろ?それくらいの力で差し込んでね!

 

ノーマルプラグからイリジウムプラグに交換して数百km走ったけど、とくに変化は感じらんやった(;’∀’)

評判が良かったけん期待しとったんやけどねぇ。

次はノーマルプラグに戻そうかな(*´罒`*)

今回使ったプラグはコレ↓ね

 

ノーマルプラグはコレ↓

おわり。

FTR223関連記事

Honda FTR223のエアフィルター(クリーナー)交換方法を紹介するよ!

ホンダFTR223のタイヤ交換に必要なものを紹介するぜ!

バイクのナンバープレートにデイライトを取り付けるよ!