2-3人用自立式テント ネイチャーハイクHiby3買っちまったよ!レビュー

NatureHike(ネイチャーハイク)Hiby3man Tent 2-3人用自立式アウトドアテント 二層構造 防水 レビュー 日本一周

こんどバイクで日本一周するから、その宿代わりに買っちまったよテント!

一人旅のくせに2-3人用を買うなんて馬鹿なことしちまったぜ。

でもよぉ、一人用のテントってーのは文字通り[一人用]なもんだから、大人一人横になったらそれでいっぱいになっちまう訳よ。

それじゃあ、荷物はどうすんだって話になるだろ?

luggage荷物カバンバッグ

 

車中泊なら鍵のかかった室内に荷物を置いときゃー盗難の心配はないわな、でもバイクとかチャリでの旅はそうはいかねぇんだよ。

だからオレは2-3人用を買って、寝るスペースと荷物スペースを確保したって訳よ。

偉そうに語ってるけど、俺はアウトドアとかキャンプとかは完全にドドド素人やからあんまりアテにしないでくれよな(;´∀`)

前置きが長くなっちまったけど、そんなこんなで買ったのはコレ↓

ネイチャーハイクっていう中国メーカーのHiby3っていうテント、2万円なり。

 

中身は布と棒。布の下に敷いとる黒い布も付属品な。

黒い布はテントの下敷きで、白赤いがテントになる。

 

棒はこれ。ものすごい数の棒にみえるけど、つなげつなげてメチャ長い3本の棒になる。赤棒1本と、黒棒2本な。

 

な!めちゃ長いやろ!?これんなもん俺の四畳半の部屋やったら絶対組み立てられねぇよ!

 

棒はパイプで中は空洞になってて、こういう風にゴムひもでつながってるから組み立ては楽勝よぉ!

 

ほんで、メチャ長棒をテントの棒通し穴に通して、

 

棒のはしをテントはしの穴に突き刺す。

 

ほんで、なんて説明したらいいか分かんねぇけど、なんかブワァッってやるとこの布+棒がテントになるわけよ!

その辺はユーチューブで探してみてくれよ、これは「ネイチャーハイク Hiby3」これで検索すると出てくるんじゃねぇかな?

このテントの組み立て動画が無かったら、俺が撮影してアップロードしようとおもってるけど、それは日本一周から帰ってからになるし、早くても半年後の話になっちまう。

組み立てたテントはこれくらいの大きさな。俺が身長170だからそんな尺で見てくれ。

日本一周に必要なモノ テント ネイチャーハイクHiby3 2-3人用テント 広い前室がある

俺はキャンプなんてやったことなくて、テントを立てたことなんてなくてよぉ、

このまま日本一周に出てブッツケ本番でやるのも心配だし、

なにより中国メーカーは信用ならねぇからちゃんと中身の確認をやっとかねぇと大変なことになるだろ?

ってなわけで、商品確認をかねたキャンプの練習をしたんだけど、意外と問題なくて安心したわ(๑´◡`)

日本一周に備えてキャンプの練習してきた(福岡県みやま市山川町 お牧山キャンプ場)
2019年4月12日晴れ時々曇り。 午前11時~午後4時まで練習したぜ! 場所は、みやま市のお牧山キャンプ場。 芝生敷きで、水道と水洗トイレとバンガローがあって見晴らしがイイ場所やった(*´∨`) ...

キャンプ練習の日は4月半ばの良く晴れた日で弱い風が吹いたりやんだりしてた中で、テント建てたりほかのキャンプ道具の使い方の確認なんかやってた汗だくになるわけよ。そりゃあ晴れた日に直射日光浴び続けてりゃあそうなるわな。

ほんで、ためしにテントの中に逃げ込んだらよぉ、これが涼しいのよ(^^♪!

キャンプ練習にきてから日向に置きっぱなしにしてた温度計の最高気温は31.4℃

テントの中は23.9℃。メチャ涼しい!木陰に居るよりもすずしい。

 

これはおかしい涼しすぎる。

テントの布切れなんてものすごく薄いもんでよぉ、とても太陽の熱を遮れるとは思えないねぇのよ。

テントの中は光が透けて明るいしな。

オレはエンジニアでよぉ、分からねぇことをそのままにしておけないたちだからコノおかしさ(涼しさ)の理由を解明したいわけよ。

ほんで、テントを色々見てみるとちゃんと涼しさが仕組まれとったんよねぇ。

キャンプ業界では当たり前かもしれんけど、テント・キャンプ素人の俺は感心してしもたわ。

 

俺が理解した範囲の涼しさの仕組み図↓

テントのすそにはすき間があって、屋根には三カ所の通気口がある。

屋根布と部屋布の間にはすき間がある。

部屋布の上半分は網で出来てる。

この構造のおかげで、熱がこもりにくくなってる。よぉ考えとるわぃ(゜o゜)!

部屋布の下半分は防水布製だから雨が降っても大丈夫ってな寸法か。

夏用に設計されたテントやな!

 

実際にテントをみてみよか。

まず天井付近に通気口が三か所。

スソはすき間があるから、そこから風が入ってくる。

 

テントすそのすき間。冬のすき間風防止・虫獣害防止のためには無くなって欲しいすき間やな。

夏の快適涼しさのためにはアリガタイすき間。

 

これは室内の様子、部屋布な。

手は網の向こう側に置いてる、これくらい薄い網。

そして屋根布と部屋布の間には手を差し込めるくらいのすき間があるってことな。

 

↓の写真では壁なんてかいてるけど、これは屋根布と部屋布って考えてくれ。

外壁が屋根布な。間には10cm以上のすき間がある。コレだけ開いてれば十分風が通る。

涼しさの仕組みはこんなところだな。

 

次はその他のテントの特徴を紹介しよな。

面白いのはこの[のぞき窓]ここだけ透明のフィルムで作られてる。

外で何が起こってるか確認できるのは安心感につながるよな。

密室で外の環境がわからねぇってーのは不安で仕方ねぇやな:;(∩´﹏`∩);:

ただし、これは外側からも見えるもんだから注意とかねぇといけねぇな!

内側から開閉できる目隠しがあると嬉しかったな。

 

次は前室(ぜんしつ)。

前室ってーのは、部屋空間の前にある土間みたいなところのことだな。

屋根と壁はあるけど床はない(地べた)。

キャンプ業界では前室っていうらしい。

俺が買ったものは前室が広くて、前室は人型生命体(170cm、60kg)が椅子に座れる。

ユーチューブでみかけたけどよぉ、なんとこの前室空間にはバイクも入るんだからビックリしちまったぜΣ(´∀`;)

バイクで旅する人にゃあ持ってこいのテントだぜまったく!

キャンプツーリング好きなお前らにはオススメな!

 

前室は荷物を置いても十分なスペースがある。ありがたいねぇ。

濡れたレインコート、ブーツ、サイドバッグは室内に置きたくないやな。

雨の日なんかは重宝するだろねぇ。

おれキャンプしたことないから分かんねぇけどな(;’∀’)

 

室内を見てみると、これもなかなか考えられてて便利な作りなのよ!

室内の隅っこにはポケットがついてる。

 

テント部屋の奥行は190cmで、折りたたみベッド(キングキャンプのコット)全長190㎝がギリギリ入る。

ベッドの脇には十分なスペースがあるから荷物を置いとける。

やっぱり盗難防止のために荷物は室内に隠しておきてぇよな!

一人用のテントになるとコレができねぇんだよコレが(*_*;

 

天井にはGopro固定用の?ポケットとランタンをぶら下げるフックがある

これで夜の営みも記録できるな!

俺は日本一周の記録をユーチューブとブログに残す予定で色々撮影するつもりなんだけどよぉ。

横からの写真動画ならどうにでも取れるけど、テント内で上から撮影ってーのは難しいからな、これは本当にアリガタイわ(∩´∀`)∩

 

ド素人がレビューできるのはこんなところやな。

中国メーカーの格安テントでどれほどのもんか?

ネット上でのレビューでは結構評判がいいんやけど、耐久性が気になるな!

あとは日本一周で5カ月間使ってからのレビューやな、楽しみにしといてくれよヽ( ´ー`)ノ

素人レビューに付き合ってくれてありがとな!

おわり。

キャンプ道具関連記事

キングキャンプ(king camp)のコット(折りたたみベッド)(国際デザイン大賞)買ったゼ!レビュー
コットっていうのは、折り畳めて持ち運べる小型の組み立て式ベッドのことな! 何か知らんけど、キャンプ業界では「コット」って呼ぶらしい! 買ったのはコレ↓!メッチャ商品名長い!作文かよ! KingCamp(国際デザイン大賞)キャン...
SOTOのレギュレーターストーブST-310+オプション部品買ったよ!レビュー
今度バイクで日本一周するはめになったから、節約キャンプ泊用に買ったのさ。 アウトドア業界ではイワタニのジュニアコンパクトバーナーが一番人気の定番商品みたいやけど、 コッチはマイクロレギュレーター機能とかで寒さに強くて燃料を節約で...
バイク(FTR223)で日本一周のために購入したキャンプ道具類の紹介と金額
日本一周の予算80万円。 その内の30万円は旅の準備費用。 残りの50万円は旅中の費用(食費・ガソリン代とか)。 旅準備予算30万円の中から、キャンプ道具とバイク装備とモバイル機器類を揃えやん運命にとらわれながら、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました