バイク(FTR223)で日本一周のために購入したモバイル機器類の紹介と金額

2019年4月16日

日本一周の予算80万円。

その内の30万円は旅の準備費用。

残りの50万円は旅中の費用(食費・ガソリン代など)。

旅準備予算30万円の中から、モバイル機器類(主にカメラ関係)とバイク装備とキャンプ道具を揃えることになります。

これは日本一周バイクのために何をいくらで買ったのか?とその合計金額を書いてる記事です。

結果から言うと101000円かかりました、もう財布が空っぽです。

財布貧乏お金支出出費

ウソです、訳の分からんポイントカードとか日本一周への夢と希望が入っています。

各商品の価格は10の桁で四捨五入しています。

旅の目的には「ブログとユーチューブのネタ収集」も含んでいるので、写真・動画の撮影は欠かませませません。

そういう理由でこの記事ではカメラ関係が多くなっています。

カメラを使わない場合は、あまり参考にならないと思います。

 

購入したモバイル機器

大まかに分けると、このようになります。

  • 一眼カメラ
  • アクションカメラ
  • その他

以下、順に紹介していきます。

 

一眼カメラ

バッテリー

私はSOYNのa6300を使っているので、そのバッテリーです。

今まではバッテリー1つで運用していましたが、日本一周では充電できる環境が限られるので追加で購入しました。

ソニーの純正品。6400円です。

社外品にはもっと安価なものがあります。

 

カメラ三脚

カメラは暗い所では手ブレが発生しやすくなります。

でも、三脚などでカメラを固定してから撮影すると手振れは起こりません。

夜のキャンプ場などでは撮影に必要な光がありません。

世界の半分は闇に覆われています、暗黒の世界を生き残るに三脚は必要です。

持ち運びやすいように、軽量なカーボン製を選びました。

一流メーカーのカーボン三脚ではコレが最も安価なようです。

Amazonでは定価の半額以下で購入できます。

SLIKのカーボン三脚ライトカーボンE74クイックシュー式

28700円

 

アクションカメラ

Goproフレーム

これは社外品です。

TaisionerのGoproHERO用保護フレーム

1400円

説明すると長くなるので省きますが、純正品では急な雨に対応できないのでコレに交換しました。

人間は水が無いと生きていけないので、いつ雨が降るか分かりません。

でも、バイク乗りはだいたい風読みのスキルを習得しているので感覚で分かります。

注)Goproは防水を謳っていますが、マイクを接続すると防水性は失われます。

Gopro社製のアイテムでは対応できません。

 

レンズフィルム

液晶画面とレンズ面を保護するガラスフィルムです。

旅の途中で何かにぶつけて故障してしまったら困ってしまいまいましすので。

FitStillのGopro Hero適用今日がガラスフィルム シリコンレンズカバー

1000円です。

 

充電器

Gopro純正の充電器です、バッテリーが一つ付属しています。

5500円です。

社外品には安価なものがありますが、バッテリーが突然死んだり爆発でもしたらシャレにならないので奮発しています。

 

 

その他

メモリーカード

これが無いと旅のメモリーをカードできません。

動画の撮影や大きな写真を撮るためには高性能なメモリーカードが必要になります。

サンディスクのマイクロSDカードです。

Extreme microSDXC A2 256G

7600円×2枚=15200円

容量 は 256GB

読込速度最大160MB/s

書込速度最大90MB/s

なので、動画撮影にも耐えます。

少し前にGoproが256GBに対応したので、思い切って買いました。

これは2枚購入しています。

 

メモリーカードケース

外はアルミ製、中身は硬質スポンジのケースです。

よく聞く「外はサクッと、中はフンワリ」系のケースです。

旅の記録が納めるられているメモリーカードは死守しなければなりませんので、シッカリとしたケースを購入しました。

サンワサプライのアルミメモリーカードケース

770円です。

 

USB充電器

Ankerの24W 2ポート折りたたみ式プラグ搭載

1700円

日本一周計画の早い段階で購入しました、今は新型が発売されています。

それに、道具を一通り揃えた今となっては2ポートでは足りないようなので買い替えようと思っています。

 

スマートフォン

ASUSのZenFone5Qを購入しました。

36500円です。

これはダメです。絶望的に絶望しました、このまま闇の力に支配されるかと思うほどに。

Wi-Fiは掴まない、勝手にアプリケーションソフトウェアが落ちる、音が悪い、カメラの描写力が低いなど、だめダメの駄目です。

私は現在iPhone5Sと並行してZenFone5Qを使っていますが、6年前に発売されたiPhone5Sの方が高機能です。

これにカメラのマイクロSDカードを刺して、Wi-Fi経由でクラウドストレージにアップロードする計画だったのですが難しいようです。

日本一周に持っていくつもりで購入しましたが、iPhoneのみ持っていこうかと考えています。

モバイルバッテリー

購入したのはAnkerというメーカーのPowerCore Speed 10000 QC という商品。

2700円です。

容量は10000mAhです。

20000の方が容量大きいし価格もそう変わらないのですが、そのかわりに充電するにも時間がかかかってしまいしたます。

日本一周中は電源があるところに4・5時間も滞在することは有りませんので、容量が大きすぎても無駄だと判断しました。

 

腕時計

普段はスマーフォトンを時計代わりにしていますが、

バイク道中ではいちいちバイクを止めてスマヒョで時間を確認するのは面倒です。

カシオのスタンダード F-105W-1A

1100円

この値段で、生活防水とバックライトとアラーム機能を供えているので大満足です。

 

まとめ

一眼カメラ関連

バッテリー:6400円

カメラ三脚:28700円

一眼カメラ関連合計金額:35100円

 

アクションカメラ関連

保護フレーム:1400円

レンズフィルム:1000円

充電器+バッテリー:5500円

荷物関連合計金額:7900円

 

その他

メモリーカード:15200円

カードケース:800円

USB充電器:1700円

スマートフォン:36500円

モバイルバッテリー:2700円

腕時計:1100円

快適関連合計金額:58000円

■日本一周モバイル関連総合計金額:101000円

レジスター 紙幣 硬貨 キャッシャー

おわり。

関連記事

バイク(FTR223)で日本一周のために購入したキャンプ道具類の紹介と金額

バイク(FTR223)で日本一周のために購入した衣類の紹介と金額

バイク(FTR223)で日本一周のために購入した衣類の紹介と金額